三点リーダー症候群とは?使い勝手はいいけど「はっきりしない人」になる

三点リーダー症候群とは?
スポンサーリンク

1月31日放送の「ワイドナショー」で三点リーダー症候群について取り上げられ話題となっています。

文章の語尾に「…」を使う事を挿しますが、意外と使うこともありますよね?

ネットの反応も含めてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三点リーダー症候群、あなたもなっていませんか?

三点リーダー症候群とは、LINEや文章でのやりとりの語尾に「…」をつけること。

例えば「やっぱりダメだよね…」とか。

この「…」って一見すごい使い勝手が良いのですが、なんだかうまく曖昧にしている印象。

はっきりしない人と思われる

「…」や「w」で文章を終わらせる時って、どこか「にごしたい時」に使いませんか?

私もたまに使ってしまいます。

ストレートに言って、印象を悪くしたくないなって思った時に「…」や「笑」などを使うと文章を「言い切る」のではなく、なんとなく相手に「」を遠回しにつけているようにする。

「お願いしたいことあるんだけど、この作業、今忙しくてできなよね

頼みたいけどはっきり頼みにくい時とか。

しかし、これは言われた方からすると「何?やってほしいってことでしょ?はっきり言えばいいのに」となるわけです。

スポンサーリンク

自分を守るために使う「…」

「…」をつけることで物事を少し曖昧な表現にできるため、責任ある発言から逃げられる言い回しにできます。

そのため、「もし間違っていてもはっきり断言していないから大丈夫」と自分を守る事ができるのです。

三点リーダー症候群、使い勝手がとても良いですが多用しすぎると危険。

「この人はっきりしないし、自信がない人なんだな」と思われない程度に使うのがベター。

スポンサーリンク

三点リーダー症候群についてネットの反応は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
テレビ
ティーエフラボ
タイトルとURLをコピーしました